Featured Posts

  • Prev
  • Next

リサイクルされた古紙からダンボールができるまで

家庭や企業から排出されたダンボールの多くは子供会や地域の廃品回収、ゴミ置き場に出され、リサイクル業者を通じてリサイクルされます。
その割合は90%以上。
ダンボールは、リサイクル率が高いエコな素材なのです。

ダンボールを回収したリサイクル業者は、ダンボールを製紙工場に搬入します。
製紙工場では異物を取り除き、ダンボールの元となるダンボールシートを製造します。
この時点では、まだ紙の状態です。
ダンボールシートはロール状に丸められて、ダンボール工場に送られます。

ダンボール工場ではペラペラの紙状だったダンボールシートをダンボールの形にした上で、成型して出荷します。
初めの工程で波上の中しんに裏ライナーを貼り付け、片面ダンボールシートを作ります。
この段階で、ダンボールシートとして出荷されるものもあります。
ダンボールシートは引越しの養生など、傷つけないように保護するのによく使われます。
次の工程で、片面ダンボールに表ライナーを貼り付けてダンボールの完成です。
そこから規定の形にカットしたりして成型し、製品として出荷します。

こうして、使用済みダンボールはまた新たなダンボールとして、皆様の手に届くのです。
現在、ダンボールの90%超が使用済みダンボールからでき、残りの数%がパルプ材などを材料としている、かなりエコな梱包資材です。

あなたの家にある使い古しのダンボールも、廃品回収に出せば新たなダンボールへと生まれ変わることができるのです。