Featured Posts

  • Prev
  • Next

ダンボールをリサイクルしよう

ダンボールは最も普及している梱包資材の1つです。
通販で商品を買ったとき、引越しのとき、オムツをケースで買ったときなど、何かとダンボールで梱包している場合が多くあります。
よって、ダンボールは誰でも手に入りやすいものです。

そのダンボールのリサイクル率は90%以上。
高いリサイクル率を確保しています。

ダンボールをリサイクルする第1歩は、ダンボールを燃えるゴミや家庭ごみに混入させないことです。
せっかくリサイクルできるものも、ゴミとして処分してしまえば、それはただのゴミとなってしまいます。
地域の資源ごみの日や廃品回収に出しましょう。

ダンボールをリサイクルに出すときは、ホチキスやガムテープ、宅配便の伝票がついていないかどうか確認しましょう。
リサイクル業者が製紙工場にもって行ったとき、再び、異物が付いていないかどうか確認されますが、できれば、異物の確認までは自宅でやっていきたいものです。

こうして家庭や企業から出されたダンボールは製紙工場やダンボール工場で加工され、新たなダンボールへと生まれ変わります。

ダンボールのリサイクルが主流になる以前は、パルプを主原料として作られていました。
パルプの大量使用は森林破壊につながります。
ダンボールの回収がうまく進められなければ、またパルプを使用したダンボールが増えてしまうかもしれません。
ダンボールは必ずリサイクルに回すという意識を高め、エコな生活を始めましょう。