Featured Posts

  • Prev
  • Next

リサイクルされた古紙からダンボールができるまで

家庭や企業から排出されたダンボールの多くは子供会や地域の廃品回収、ゴミ置き場に出され、リサイクル業者を通じてリサイクルされます。
その割合は90%以上。
ダンボールは、リサイクル率が高いエコな素材なのです。

ダンボールを回収したリサイクル業者は、ダンボールを製紙工場に搬入します。
製紙工場では異物を取り除き、ダンボールの元となるダンボールシートを製造します。
この時点では、まだ紙の状態です。
ダンボールシートはロール状に丸められて、ダンボール工場に送られます。

ダンボール工場ではペラペラの紙状だったダンボールシートをダンボールの形にした上で、成型して出荷します。
初めの工程で波上の中しんに裏ライナーを貼り付け、片面ダンボールシートを作ります。
この段階で、ダンボールシートとして出荷されるものもあります。
ダンボールシートは引越しの養生など、傷つけないように保護するのによく使われます。
次の工程で、片面ダンボールに表ライナーを貼り付けてダンボールの完成です。
そこから規定の形にカットしたりして成型し、製品として出荷します。

こうして、使用済みダンボールはまた新たなダンボールとして、皆様の手に届くのです。
現在、ダンボールの90%超が使用済みダンボールからでき、残りの数%がパルプ材などを材料としている、かなりエコな梱包資材です。

あなたの家にある使い古しのダンボールも、廃品回収に出せば新たなダンボールへと生まれ変わることができるのです。

使い方しだい!ダンボールで人の体重を支えられます

私たちに身近なダンボールは、簡単に手に入れることができ、軽量で緩衝性に優れ、かつ加工もしやすい素材です。
さらに、加工の仕方によっては頑丈なものとなります。

ダンボールは波型のシートを2枚の紙(ライナー)で挟んだ構造をしています。
そのため、ライナーに垂直な方向からの衝撃には弱くなります。
ちょっと大き目のダンボールを両手に持ち、他の人に衝撃を与えてもらうと簡単に折れ曲がってしまいます。

しかし、ライナーに平行方向の力に対しては強靭な力を発揮します。
1枚のダンボールではあまり実感できないかもしれませんが、ダンボールを何枚か張り合わせると人が座ったり、立ったりできるくらいの強さを発揮します。
よって、得意な人は子供用イスくらいならば簡単に作ることができます。
動かないけれど、運転席に座れるような車をダンボールで作った作品も見たことがあります。

ダンボールの強さを考えるにはダンボール1枚の強さを考えることもさることながら、どうすれば希望の強度がでるか工夫するのも楽しみの一つです。
前述の張り合わせる方法は強度を実現するには良い方法ですが、張り合わせる手間がかかり、必要となるダンボールの量が相当なものになってしまいます。
そこで利用される方法が、円柱や角柱にする方法です。
必要に応じて太さを調整し、理想の強度が出るようにしていきます。

ダンボールの縦方向と横方向それぞれの特性を活かすことで、より使い勝手の幅が増えます。
ダンボールはちょっとした工夫で、多様なことが実現できるので、皆さんも楽しんでみてください。

ダンボールの歴史

ダンボールは物流業界に欠かせないだけでなく、私たちの生活にごく当たり前に存在します。
そのダンボール、よく見ると、二枚の紙の間に波型の紙が挟まれ、なんとも不思議な形をしています。
このような、ダンボールの形はいつ、どこで考えられたのでしょうか?

ダンボールの起源は、ヨーロッパにありました。
ヨーロッパで円筒状のシルクハットが流行していた頃、そのシルクハットをかぶるときの汗取り用に波型に折ったボール紙を使ったのが始まりなのだそうです。
当初は、今のような梱包材としての用途は全くなかったことがわかります。

今のような用途にダンボールが使われるようになったのは1875年ごろのことです。
ガラス瓶などの割れやすいものをくるむ梱包材として、用いられていたと言います。
ところが、波型に折ったボール紙だけでは、せっかく波上にしたのに伸びてしまい、緩衝材としての役割がイマイチだったのです。
そこで、波型が伸びてしまうことを防止するために、ライナーと呼ばれる紙を片面につけたのです。
これは今でいう、片面ダンボールの状態です。
それが1894年ごろにはこれまで使われていた木箱に変わり、輸送用の梱包材として活躍するようになりました。

日本でダンボールが利用されたのは1909年ごろからで、そこから機械化や量産化が進み、現在の形ができました。
まだ、日本で登場してから100年程度ということですね。

ダンボールはリサイクル率が高く、エコです。
今後も私たちの生活に重宝することでしょう。

そもそもダンボールって何?

ダンボールは軽量でクッション性に優れ、私たちに最も身近な梱包材です。
一般的に箱型で、ダンボール箱という形で見かけることが多いです。

では、そもそもダンボールって何なのでしょう。

ダンボールとは、波型の原紙(フルート)の片側または両側にライナーと呼ばれる紙を張り合わせたものを言います。
このような構造を持った物は、箱型であっても、シート状のものでも、梱包する物の形に合わせたものでも、ダンボールと言います。
ライナーが片面で1枚のものから、ライナーを3枚使い波型の原紙が2段になっているもの(複両面ダンボール)などの種類があります。
一般的にライナーの枚数が増えれば増えるほどダンボールの厚さが出てきます。

ライナーと呼ばれる紙には、品質により4つの等級があります。
このライナーの等級により、ダンボールの強度が変わります。

また、波型の部分は3種類のJIS規格があり、厚い物で5mm、薄い物は2.5mmくらいになります。
厚い物は物を運ぶときの外箱によく使われ、薄い物は缶詰など衝撃に強い物の外装として良く使われます。
なお、贈答用の箱など高さの少ない波型を利用した箱をよく見かけるようになりましたが、これは、JISの規格外です。

ダンボールを選ぶときは、何に使いたいのかを明確にし、目的にあったダンボールを選ぶことが大切です。
強度や大きさに注意してみてください。

引越しダンボールのポイント

生活する中で、最もダンボールが活躍すると言えるシーンは、引越しではないでしょうか。
単身での引越しでも、家族での引越しでも、オフィスの引越しでも、ダンボールは欠かせない存在です。
ダンボールは軽いうえに、重いものを入れても強度があり、衝撃にも強く、引越しで最も重要な梱包材です。

では、引越しのとき、どのようにダンボールを選んだら良いのでしょうか。

一つ目のポイントが大きさです。
大き過ぎて一人で持てないような大きさはNGです。
幅だけでなく、高さも考えましょう。
前が見えないほど高さがあるダンボールも、引越しには不向きです。
限られた積荷スペースに効率よく詰めるには、ダンボールの奥行きがすべて同じであることが重要です。
引越し専門業者が使用するダンボールはすべてこのタイプです。

ダンボールの厚さもポイントです。
大きい&薄手のダンボールは、ほとんど使い道がありません。
どんなに軽いものを詰めても、崩壊の可能性があります。
引越しのダンボールは厚くて頑丈なことが大切ですが、特に、小さいダンボールは厚いものを選びましょう。

このように言うのは、ダンボールの詰め方のポイントがあります。
運ぶことを考えたら、重い物は小さいダンボールに、軽い物は大き目ダンボールに詰めましょう。
また、ダンボールは上に積み重ねることを想定し、しっかり上まで詰めることが大切です。
上部まで詰まっていないと、つぶれてしまう恐れがあります。
さらに、ダンボールは満タンにするのが理想です。
運んでいる最中に、荷物が中で動いてしまうと、運びにくいだけでなく、中身の破損につながります。

各引越し専門業者では引越しお役立ちポイントを紹介しています。是非参考になさってください。↓↓
http://www.hikkoshi8100.com/content/guide/packing.html
http://www.008008.jp/moving/useful/